目指す農業

  野菜が健康に育つ環境づくりを目指して

 

  栗山かなまる農園では、野菜が健康に育つ環境をつくり、
  美味しく安心して食べられる野菜を皆さんにお届けすることを目指しています。

 

  その実現のために最もこだわっているものは
  「自家製モミガラ堆肥」「自家製ボカシ肥料」です。

 

  豊かで広大な北海道の自然と独自の生産技術によって、
  野菜を健康に育てています。

栗山かなまる農園のモミガラ堆肥

 

「モミガラ堆肥」とは、栗山町で育った稲の籾殻を主体にした堆肥で、有効微生物がふんだんに含まれた肥料でもあります。

毎年11月下旬より原料となるモミガラの運搬に始まり、12月上旬から微生物資材と、微生物のエサとなる米ぬか・菜種かす等を混ぜて、その後、攪拌作業を20日置きに3月まで続け、「モミガラ堆肥」を手造りしています。
左の写真では、寒さ厳しい北海道の冬の中、約60℃に発酵したモミガラ堆肥から湯気がでているのがわかります。

「モミガラ堆肥」を土にすき込むと、有効微生物の活躍により”根”自体が活性化されて根の働きが良くなります。
根は、人間に例えると胃腸のようなもので、消化吸収が良くなると体全体が健康になります。
野菜も人間と同じで、健康になれば病気にかかりにくく、薬(農薬)を使用しなくても良くなります。

また、根の回り土は、アミノ酸等(うまみを高める成分等)を取り込みやすい状態になり、濃い味と風味がつくと考えています。

 

 栗山かなまる農園のボカシ肥料

 

「ボカシ肥料」とは、米ぬか、油かす、魚粉、骨粉などの有機質肥料に、微生物資材を混ぜて発酵させた物です。

自家製のモミガラ堆肥に、魚粉、骨粉等を混ぜて攪拌作業を約2ヶ月間続け、手造りで「ボカシ肥料」を造り上げます。

作物にとって「ボカシ肥料」は、人間で例えると母乳のような存在であり、野菜に必要な栄養の消化吸収が化学肥料よりも消化吸収しやすいのです。

有機JASの取得

 

野菜が育つ環境、栄養の元となる堆肥や肥料の原材料は、全てメーカーの安全証明を取り、菜種粕、米糠、微生物資材など自分で選んだ資材を使用しています。
原材料の見える自家製のモミガラ堆肥とボカシ肥料を軸とした、かなまる農園の栽培技術は、より多くの人に理解して頂けるようJASの有機農産物生産工程管理者(有機JAS)を取得しています。
健康に育てられた野菜を、安心して皆様に食べてもらえるよう、食卓や食品会社へお届けしています。

 

有機JASとは?

有機JASは、厳しい生産基準をクリアして生産された、有機(オーガニック)食品の証です。
以下の厳しい生産基準をクリアし、初めて認証されます。

  • 種まき又は植え付け前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していない田畑で栽培する。
  • 栽培期間中も禁止された農薬、化学肥料は使用しない。
  • 遺伝子組換え技術を使用しない。

一度認証を受けた後も、毎年基準をクリアしなければなりません。
この認証を受けたものが、『有機』や『オーガニック』という名称をつけて、販売することが許されています。

詳しくは農林水産省のホームページをご覧下さい。

主役は野菜。私たちは農医。

 

野菜が健康に育つよう手助けするのが、私たちの役目です。
私たちは、野菜の健康状態を見て、病気への対策や、必要とする栄養などを与え、健康に育つためのサポートをします。
野菜も人間と同じで、健康になれば病気にかかりにくく、薬(農薬)を使用しなくても良くなります。

栗山かなまる農園の野菜は、私たちの手によって一人の子供のように健康に育てられ、1つ1つ収穫されていきます。

健康に育てた野菜を美味しく食べていただき、野菜のチカラで健康になってもらいたいと願っています。